妊娠確立を高める方法

妊娠しやすい体質づくりのポイントとして挙げられるのが、ホルモンバランスと血行です。
妊娠力を上げるには、この2つを妨げる下記の要素に気をつける必要があります。

冷え

受精卵のベッドとなる子宮を温めることが必要です。体が冷えることで子宮の血のめぐりも悪くなることから、子宮の冷えにつながります。

ストレス

ストレスが溜まると自律神経に乱れが生じて、脳の視床下部が出すホルモンを作る命令に支障を来たします。
その結果生理や排卵といった生殖機能の乱れを招きます。さらに血行を悪くして冷えの原因ともなってしまうのです。

冷えやストレスを撃退するためにできること

食生活の見直し

日頃から栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。特に良質なタンパク質やビタミン類、ミネラルを意識して摂ると良いです。
またショウガなど体を内側から温める食材で冷えを予防するのもおすすめです。

規則正しい生活

自律神経を整えるには成長ホルモンが分泌される22時~2時を含む夜間に質の良い睡眠をたっぷり摂り、朝きちんと起きて活動することが大切です。
リラックスして眠りに入れる工夫や朝起きたら朝日を浴びるなどの環境作りをして、朝食もきちんと摂りましょう。

体を温める

入浴はシャワーで済ますだけではなく、ゆっくり半身浴をするのがおすすめです。
またエアコンなどで冷やさないよう、カイロなどを利用するのもよいでしょう。

適度な運動

ウォーキングなどの有酸素運動は卵巣への血流量を増やしたり、排卵障害を改善する効果が期待できます。
また子宮を圧迫する原因となる骨盤の歪みを改善するために、普段の姿勢に気をつけたり軽いストレッチを取り入れたりして、子宮をしなやかな状態に保ちましょう。

腹式呼吸

腹式呼吸は内蔵を動かし血流を良くする効果があります。
また興奮状態にある交感神経に作用し自律神経を整え、ストレスに強い体を作ります。

サプリの活用

食品だけでは補えない栄養素はサプリで摂取するのもおすすめです。
マカや葉酸など妊娠に効果的とされる成分を配合した妊活用サプリも人気があります。
葉酸サプリには妊婦さんに必要な栄養素が含まれていますが、含有率はサプリによって違います。
妊娠率を上げたいのであればより多くの栄養素が入ったものを選びましょう。
■おすすめサイト:葉酸サプリメントの比較
URL:http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12/
こちらのサイトでは葉酸サプリに含まれている栄養素の種類や気になるコストが詳しく紹介されています。
妊娠力を上げたい方はぜひ参考にしてください。